行ってきました!東京蚤の市 後編

Antique Leaves

こんにちは。ANTIQUE COLUMN (アンティーク コラム) 運営チームです。
スタッフが見つけた、アンティークに関する素敵な記事をご紹介しています。

さて、アンティークアイテムに夢中になっていると小腹がすいてきました。

ちょっと何か食べたいな…

そう思っていると発見!パンフレットを確認すると、軽食ブースがなんと20数件も出店しるではありませんか。

こんな風なおしゃれドリンクや軽食のブースがあちこちに。

出典:Instagram.com

晴れていたら、会場の観覧席で食事を取ることもできそうでしたよ。


さてさて、お昼を済ませたら、次は北欧市へ。

こんなに北欧アンティークがまとまって出店する機会は珍しく、圧巻の会場でした。

出典:Instagram.com

会場の看板も北欧風で雰囲気が素敵。


北欧アンティークといえば、やっぱり食器。

どのお店にもアラビアなどの北欧食器がズラリ。

かわいい柄とフォルムは、ずっと見ていて飽きないですよね。

出典:Instagram.com


アンティークファブリックのお店もあって、あまり見かけないレアな柄のものもいくつか見つけることができました。

出典:Instagram.com


北欧市も一通り楽しんだところで、最後に古書店街を通り、古家具ゾーン・プラザ棟1階へ。

古家具ゾーンは雨が激しく、じっくりと見れませんでした。残念です。


プラザ棟の1階の中央では、松野屋 さんが出店。

たくさんの籠バッグやレトロな暮らしの道具が並んでいました。


出典:Instagram.com

また、 studio m'さんでは、お手頃価格の食器が人気で、たくさんの人だかりが出来ていました。

出典:Instagram.com

studio m'さんは愛知県の製造会社だそうで、普段使いできそうな可愛いフォルムの食器がたくさん並んでいました。

今度渋谷にショップがオープンするそうなので、ぜひ足を運んでみたいものですね。


いかがでしたか、東京蚤の市。

今回は2日ともに天候が少し残念でしたが、そのおかげか例年よりも人が少なくゆっくり見て回ることができたという声もちらほら。

雨に濡れるアンティークアイテムもなんとも言えない風合いがありましたよ。


ぜひ次回参戦の参考にしてみてくださいね。

0コメント

  • 1000 / 1000