かけ巡るブロカント ~ Aarberg 編 ~

Antique Leaves

こんにちは。ANTIQUE COLUMN (アンティーク コラム) 運営チームです。
スタッフが見つけた、アンティークに関する素敵な記事をご紹介しています。

今日も熱いコーヒーをお供に、目指すはベルン州アーベルグ。

あちら方面、小雨と曇りの予報。

エーグルでは雨でもローザンヌあたりから空が明るくなってきて

私の心にも晴れ間がさしこんできた。

今日の日帰り旅は、片道約3時間。

地元ヴォ―州→ヌーシャテル州→べルン州を股にかける。

電車5本の路線を4回の乗り継ぎ。ひゃ~。

でも乗り継ぎ時間がどこも5~10分と無駄がないのは

スイス鉄道においては、とってもラッキー。

さぁて到着、アーベルグは駅までアンティーク感満載。


天気は微妙だけれど、雨粒は落ちていないから大丈夫ね。

前方にテントの群れ。

会場は大きく3つのエリアに分かれていて、まずはメイン広場へ。


さすがに普段のブロカントとは格が違って、どこも逸品揃い。

出店料が相当に高いこのマーケット

珍しいものも多く胸が躍るけれど、その分値段も高くなかなかに手強い。

スイスドイツ語圏ゆえ、私はほとんど無口だった。

でも大抵の店主さん、おどおどフランス語で話しかけてみると

するりとフランス語変換してくれちゃうから、スゴイ。

ドワ―フいっぱい。(夜中にコソコソ騒いでいそう。)


古くて素敵なレースやボタンなど手芸用品が並んだお店。


シュタイフのぬいぐるみをあちこちで見かけるのは、ドイツ語圏だから?


飼い主さんのおしゃべり中も、じっと待っているお利口さんワンコ。

リード、飼い主さんは放しているのにね。


ル・ランドゥロンでいつも買うお気に入りのお店発見!


ここは良心的プライスなので、アレコレ買えて嬉しい。

古いものと新しいものが混在しているので、そこは注意して選ぶ。

今回パニエがなくて残念だったなあ。

最近どこへ行っても可愛いパニエが見つかりにくいのは何故?

広場を抜けて、2つ目のエリア。

川の上を屋根付き橋が渡っていて、そこに細長くお店が並んでいる。


それにしても、なんだろう、今まで見たことのないスイスの景色。

原風景的な、心に沁みる眺め。


…なんて、景色にうっとりしている余裕はないので仕事へ戻る。

屋根付きは雨の心配がいらないけれど、日陰で寒いのね…。

ずっと座っている店主さんは、ひざ掛け必須。

ここ、眺め抜群だけれど、川の上を吹き渡る冷たい風で凍え上がる~~!


最後のエリアは、メインの喧騒からやや離れて

緑に囲まれ、小鳥のさえずりが響き、のんびり良い感じ。

向こうとは、少し時間の流れが違うみたい。

初アーベルグのブロカント

スイスで2番目の規模と聞いてはいたけれど

ん~、どうだろう?グリュイエールの方が大きいような。

各店舗のクオリティは高く濃厚だけれど、意外とこぢんまりな印象。

でも楽しかった、満足、満足。

次回はもう少しゆっくり、お茶も楽しみたいな。

さてまずは、本日の前半戦が終了。

次なる目的地は、ヌーシャテル州イベルドン・レ・バン!

~ Yverdon les Bains編 へ続く ~


元の記事はこちら

この記事の著者「スイスノート



0コメント

  • 1000 / 1000