ちょっとお部屋に飾るだけで、おしゃれな雰囲気を演出!ファブリックパネルのコーディネート。

Antique Leaves

こんにちは。ANTIQUE COLUMN (アンティーク コラム) 運営チームです。
スタッフが見つけた、アンティークに関する素敵な記事をご紹介しています。

ファブリックパネルはご存知ですか。 その名の通り、布製のパネルのことです。 絵画はなかなか買えないし、ポスターではちょと寂しい。でも、壁を飾りたい! そんな方におすすめなのが、ファブリックパネル。北欧のカラフルなデザインのものや、和風のものまで、お気に入りの生地をそのまま絵画のようにパネルにすることで、お部屋に彩りを与えてくれます。 本日はファブリックパネルのあるコーディネートをご紹介します。


出典:www.instagram.com/


こちらはモノトーンで統一されたお部屋に横長のファブリックパネルが印象的。 シンプルなお部屋にもアクセントを与えてくれます。ファブリックで出来ているため、暖かみがあってカーテンのないお部屋への柄の差し込みにもおすすめ。


出典:www.instagram.com


こちらは小さなパネルを3つレイアウト。 柄が続きになっていますが、パネル自体は小さなものなので、さりげない雰囲気で飾ることができます。 大きいパネルをどーんと飾ることに抵抗がある方にもおすすめ。


出典:www.roomclip.jp


こちらはマリメッコの中でも人気柄のプケッティ。グレーのお色はナチュラルで、家具や照明の雰囲気を壊しません。 変化をつけたいけれど、さりげなく。という方には細かい柄で控えめな色合いをおすすめします。


出典:www.instagram.com


お店で注文すると、案外お高くついてしまうこともあるファブリックパネル。 実は、簡単に手作りすることが可能です。 筆者もよく手作りをして、季節ごとに変化を楽しんでいたりします。 作り方は簡単。


 1.発泡スチロールパネルを好きな大きさにカット。 

2.裏側にする面の内側1センチ程度をぐるりとカッターで切れ込みを入れます。 

3.お好きなファブリックにアイロンを当てます。 

4.正面に出したい柄を考えながら裏面に記事を折り込み、カッターで入れた切れ込みに生地をきゅきゅっと入れ込みます。 この時にキリのような尖った道具を使うとスムーズに。


 いかがですか。

 この作り方で製作すると、生地もまた再利用できて、生地だけの交換も簡単! 何より見た目で発泡スチロールとはほとんど分かりません! しかも、地震がきても軽いので怪我をすることもなく安心! 筆者はベッドの頭上にも飾っていますよ。 ぜひ、ファブリックパネルを取り入れてお部屋のイメージチェンジを楽しんでみてくださいね!

0コメント

  • 1000 / 1000