わたしを識別する符号『輸出用印判楼閣図七寸皿』

Antique Leaves

こんにちは。ANTIQUE COLUMN (アンティーク コラム) 運営チームです。
スタッフが見つけた、アンティークに関する素敵な記事をご紹介しています。

今日も高砂ショウハウスで、あなたとの出会いを待つ古物たちの話をしましょう。 今夜は『絵皿』の話です。 幕末、輸出のために作られた絵皿があります。 背面に小さくつけられた”JAPAN”の文字。分かりますか?


この鮮やかな藍はベルリンから入ってきた色、通称”ベロ藍”と呼ばれ 日本で古くから使われてきた藍、”呉須(ごす)”とは趣を異にしています。 ハイカラな外国を意識してのことなのか、この時代としてはポップな絵柄が特徴的。 オランダのデフォルト焼は、日本のこの技術を模倣して出来たものだとか、そうではないとか・・・。 



 ********************************** 

流浪の時を過ごしてきました。

海を渡り、異国をさまよっていたころ 

再びこの国へ戻ってこられようとは夢にも思いませんでした。

 『輸出用印判楼閣図七寸皿』

これは、わたしを識別するための符号にすぎません。

わたしの本質を何も物語ってはいないのです。 

けれど甘んじて受け入れましょう。 

あなたがわたしを探す手がかりになるのなら。

わたしを探しにきてください。 

わたしの見てきたいくつもの時代を、あなたに語って聞かせましょう。 

********************************** 



海の向こうへ思いを馳せてください。

 素敵な夜を。


元の記事はこちら

この記事の著者「高砂ショウハウス

0コメント

  • 1000 / 1000