やっぱり楽しい Le Landeron!

Antique Leaves

こんにちは。ANTIQUE COLUMN (アンティーク コラム) 運営チームです。
スタッフが見つけた、アンティークに関する素敵な記事をご紹介しています。

今年もまた、スイス最大のブロカントの時を迎えました~!


数年通っていますが、毎年のこと、見事な秋晴れ。

Le Landeronの地は、ブロカントの神様にしっかり守られているのかもしれません。



電車で約3時間、10時に到着。

駅から5分ほど歩くと、陽気な音楽が聞こえてきます。

普段は畑にかこまれた静かな町が、この日ばかりは町を挙げての大騒ぎ。

やっぱりね~~、ココは、はち切れんばかりに楽しい!!



古い城下町にテントがズラリ立ち並び、人がたくさん湧いています。

ベビーカーを押す人、車椅子の人、松葉づえの人、

チビわんこや、デカわんこを連れて歩く人、

とにかく様々な人が、揉みくちゃにされるのを覚悟で、人山へGo~~!!



他人事ながら、わんこ達には同情します。

もしかすると、子供を連れている人より、犬を連れて歩く人の方が多いかも?

この混雑では、人間ですら足を踏まれるのだから、(私も何度か…)

ご主人に付き添って、合い間をぬって歩くわんこ達は

足を踏まれたり、荷物をぶつけられる事もきっとあるはず。

でもね、吠える子はほとんど見ない。みんな実におとなしく良い子たちです。

厳しい躾をされているので、我慢強くお行儀が良いのですね。



お、ヨーゼフ…じゃなくて、スイスの犬、セントバーナード!

う~ん、やっぱり貫禄ありますねえ。もふもふ可愛い~。



こちらは、テーブルの上のわんこ。 え?1200フラン!?

いえいえ、Tischとはドイツ語でテーブル、それなら納得。

私の一番のお目当てのお店は、いつも大繁盛していて、活気溢れています。

ここは可愛くて安くて、いいんですよ。

忙しい店主のお母さんを、息子さんと娘さん(推測)がお手伝いしています。



スイスノート好みのモノがたくさん並んでいて目移りしちゃいます。

ちょっと小腹がすいたので、噴水の隣りに腰をおろし

ヌーシャテルの駅で買った、チョコプレッツェルをかじりました。



座って、何を考えるでもなく、ぼーっと行き交う人々を眺めているのも面白い。

素敵な古い家具を持ち帰る人。

パブの看板だった、大きな立体文字を肩に担いでいく人。

いいなあ~。

なんとなく、夢を買っているみたいで、そういうの、いいです。

お腹も満たされ、再びテクテク歩く、歩く、歩く。

キョロキョロ見る、見る、見る。

不思議と疲れを感じません。

も~、アレもコレも、欲しい!

しかし、早くも1時前には、お財布の限界を迎え、ゲーム・オーバー。

ああ、もっと、もっと、見ていたいなぁ…。


元の記事はこちら

この記事の著者「スイスノート

0コメント

  • 1000 / 1000