古道具を使った「テレビ台」のおしゃれなコーディネートをご紹介。

Antique Leaves

こんにちは。ANTIQUE COLUMN (アンティーク コラム) 運営チームです。
スタッフが見つけた、アンティークに関する素敵な記事をご紹介しています。

ほぼ毎日目にするテレビ台。おしゃれなものを選びたいですね。テレビ台の購入を考えると、まず気になるのは今どんなデザインが人気なのかというところですよね。最近はロータイプの木製の物が注目されているそうです。木のぬくもり感を出した柔らかな風合いのものが人気です。そこで、今回は木製のレトロで素敵な家具をテレビ台として使用する例をご紹介します。


出典:www.roomclip.jp


デザインとしては、DVDプレーヤやゲームなど、収納しているものが隠れるように扉や引き出しが付いている物が選ばれやすく、スッキリと見せるインテリアに仕上げるのがポイントです。 もちろんレトロ家具でも、ローボードや引き出しのキャビネットなど、テレビ台に代わるものがたくさんあるのでお部屋にあったお気に入りを探してみるのもきっと楽しいですよ。



出典:www.instagram.com


テレビ台を選ぶときは、テレビを見るときの姿勢がとても重要になります。理想はテレビを見る目線が30cm~50cmほど下になる高さだそうです。目の高さよりもテレビの画面が高くなると、首を上げてテレビを見上げることになってしまい、肩こりや首の疲労の原因になることもあります。 畳や床に座って見る、ソファで見る、ダイニングチェアから見るなど…ライフスタイルに合わせた高さのテレビボードを選びたいですね。



出典:www.instagram.com


こちらはレトロな文机ですが、テレビ台としておしゃれに使っているという方もいらっしゃいます。シンプルで使いやすく強度もあります。ナチュラルなものは様々なお部屋に馴染みやすいので人気です。


出典:www.instagram.com


古道具店でよく見かける和箪笥もテレビ台として素敵に使用されている方も多いアイテムです。和箪笥は2段重ねのものも多く、上下に分けて使ってみるなど工夫することでテレビ台としてお部屋にアクセントを加えることもできますね。 材質は欅や桐、杉などの木目が特徴的で産地によって金具や塗装がさまざまです。こちらもお部屋にあったものを選びたいですね。


 いかがでしょうか。 

ホームシアターのように大きいテレビが絶対にいい!というスタイルが最近は変わりつつあるそうです。テレビを見る距離や高さ、窓を邪魔しないかなど、空間を重視するということも忘れずに、これからテレビやテレビボードの購入を考えている方は是非参考にしてみてください。


0コメント

  • 1000 / 1000