アンティーク風DIY、はじめてみませんか。100均すのこでも出来るアンティーク風インテリア。

Antique Leaves

こんにちは。ANTIQUE COLUMN (アンティーク コラム) 運営チームです。
スタッフが見つけた、アンティークに関する素敵な記事をご紹介しています。

アンティーク家具や雑貨を取り入れた暮らしをしたいけれど、なかなかお安いものではありません。 少しずつ集める楽しみもあるのですが、いっそ、ちょっとした空間をアンティーク風にDIYしてみるのもいいかも。 アンティーク雑貨を置いても様になる、すのこで出来たDIY空間をご紹介します。


出典:www.instagram.com


こちらは本当にシンプルな、すのこ1枚を使用したディスプレイボード。 大体の100均すのこは桐でできていることが多いので、色の塗り方がポイント。 100均でも、カラーのペンキや木目を活かせるコーティングも販売していますが、オススメはワトコ。 プロの家具職人も使用するイギリス産のオイル塗料です。 木が本来持つ木目や風合いを保ちつつ、色づけをしてくれます。 家具の補修にも使えるので便利ですよ。 こちらのように、アンティーク風にペイントが出来れば、すのこもお部屋に馴染みますよね。



出典:www.instagram.com


こちらはすのこを使用してDIYした、テーブルとラック。 ワトコで塗られた深いブラウンがとっても素敵です。 すのこは表面が粗いことが多いので、やすりがけも重要ポイント。 ちょっと面倒かもしれませんが、つくる楽しみの1つとして、じっくり表面をやすりがけしましょう。 ワンランク上の仕上がりになること間違いなし!



出典:www.instagram.com


こちらは小さめすのこで作られたコーヒーメーカーラック。 周囲のインテリアとすのこの色紙マッチしていて、カフェ風に仕上がっていますね。 すのこは側面、棚板として組み合わせるだけで、オープンラックの形になるので、本当に活用が簡単。 100均すのこはサイズが小さいものが多いので、これくらいのスペースのラックを作るのには最適です。



出典:www.instagram.com


こちらは廃材とすのこを組み合わせて作られたカウンター。 白に塗られた天板とすのこの組み合わせがアンティーク感に溢れていますね。 片側は壁に固定してあるので、すのこはあくまでも補強。 でもでも、すのこには案外強度もあるんですよ。なので、脚として使っても問題ありません。 ちょっとしたスペースにカウンターが出来ると、なんだかワクワクしてしまいますよね。


 いかがでしたか。

すのこDIY。 アンティーク雑貨を集めていると、飾りたくなっちゃうことが多いのですが、なかなか飾り棚までは購入できず… そんなときに、ちょっとした飾り棚やスペース作りにDIYがおすすめ。 好みのサイズ、デザインで簡単に作ることができますよ。 何より手作りにはアンティークと同じくらい愛着がわきますよね。 休日の過ごし方のひとつに、DIYを取り入れてみては。

0コメント

  • 1000 / 1000