細かく施された装飾と、独特の色合いが魅力。アンティークシルバーの使い方。

Antique Leaves

こんにちは。ANTIQUE COLUMN (アンティーク コラム) 運営チームです。
スタッフが見つけた、アンティークに関する素敵な記事をご紹介しています。

柔らかい素材のシルバー。それゆえ、年を経るごとに、どこかがへこんだり、変色したり、様々な個性が生まれてきます。 本日はそんな、個性溢れるアンティークシルバーの魅力をご紹介します。


出典:www.instagram.com


こちらのスプーンは19世紀にイギリスで作られたそう。 持ち手の繊細な装飾は、現代のカトラリーにはない上品さです。 使うのがもったいないですが、とっておきの来客のときなど、おすすめです。



出典:www.instagram.com


こちらはお気に入りのティーセットカトラリーだそう。 右端のティーキャディーで入れる紅茶タイムは格別。 使用する前にピッカピカに磨いてあげるのも、アンティークシルバーならでは。



出典:www.instagram.com


こちらはビスケットウォーマーと呼ばれる器。ティータイムに温かくビスケットを頂けるように作られたもの。 非常に凝ったデザインのものが多く、現代ではこのようにサンドイッチを入れてみたり、お花を入れてみるのも素敵。



出典:www.instagram.com


こちらは、ベース。 デザインも非常にシンプルで上品。シルバーの素材の良さが引き立っています。 チューリップもエレガンスな雰囲気に。 


 いかがでしたか。 シルバーはお手入れが大変と思い込んでいる方も多いはず。 確かに、空気に触れることで黒く変色してしまうのがシルバーの特徴。 しかし、時間をたっぷりかけて自分の手でピッカピカにシルバーを磨きあげる時間は格別。 磨きたてのアンティークシルバーは、ずっと眺めていたいくらい、新品とはまた違った、とろけるような輝きがあります。 休日の朝はシルバーを磨くことから。 そんな暮らしも素敵だと筆者は思います。



0コメント

  • 1000 / 1000