リビングダイニングの主役。ダイニングテーブルの選び方。

Antique Leaves

こんにちは。ANTIQUE COLUMN (アンティーク コラム) 運営チームです。
スタッフが見つけた、アンティークに関する素敵な記事をご紹介しています。

食卓の主役、ダイニングテーブル。家族構成や、ライフスタイルによって、形や大きさもさまざま。 実用性だけでなく、永く家族と寄り添う家具だから、こだわって選びたいですよね。本日は、ストーリーを秘めたアンティークのダイニングテーブルをご紹介します。


出典:www.instagram.com


丸いダイニングテーブルは、食卓を囲むみんなの表情がよく見えて◎ 場所も取らないので、小ぶりなお部屋にも程よく馴染みます。



出典:www.instagram.com


細めのアイアン脚がスタイリッシュなダイニングテーブル。異素材の組み合わせはお部屋にメリハリを付けてくれますね。アイアンの錆はアンティークならでは。 大きめのテーブルでも、脚が華奢だと、コンパクトに見せてくれます。



出典:www.instagram.com


フランスアンティークのダイニングテーブル。どっしりと存在感があって、マホガニーの深みのある色が素敵です。クラシカルだけど、どこか懐かしい雰囲気を味わいたいのなら、ヨーロッパのアンティークテーブルがおすすめ。



出典:www.instagram.com


ツヤのある飴色が素敵な、北欧アンティークのダイニングテーブル。 北欧のアンティーク家具にはチーク材が頻繁に使用されています。 この深みのあるブラウン。他の家具とも合わせてコーディネートすれば、北欧のお家のような、暖かい雰囲気のお部屋を楽しむことができます。


 いかがでしたか。 張り切って新品のダイニングテーブルをあちこち探し回っているあなた。 アンティークのダイニングテーブルは、そのひとつひとつが様々なストーリーを抱えています。 どんな家族が使っていたのか、想像を膨らませながら食卓を囲むのもいいものですよ。

0コメント

  • 1000 / 1000