時代箪笥を「パタパタ下駄箱」に

信州地方の時代箪笥(明治時代~大正時代)ですが、

なんか おもしろくできないかと・・

引き出し(抽斗)の前板を切断 ひえぇぇぇ~~

ついでに脚を取り付けて、和洋折衷に。

蝶番とロックを取り付けて、前板が逆パタパタになるようにしました。

靴を収納するのに下開きのほうが、扱いやすいと思いまして。

こんな感じに・・和洋折衷!?

奥行きがあるので、大きなサイズも入ります。

オリジナルに拘る方もいらっしゃいますが、

古い品をDIYリメイクして再利用するにも楽しいですし、

後世に残すと言っては大袈裟ですが、

かつては浮世絵のように、無くなってから

その価値に気づいては遅いですね。

古家具達は 今そういう立場にある気がします。

0コメント

  • 1000 / 1000