細部まで職人の技が生きるホンモノばかり。日本のアンティーク家具を現代のお部屋に取り入れてみては。

Antique Leaves

こんにちは。ANTIQUE COLUMN (アンティーク コラム) 運営チームです。
スタッフが見つけた、アンティークに関する素敵な記事をご紹介しています。

明治、大正、昭和の日本の職人が一つ一つ丁寧に作り上げた家具。そこには、日本の文化や職人技がたくさん詰まっています。 細部までこだわったデザイン、本物の技術をもってこそ、現代でもアンティークとして愛されているものばかり。その魅力、コーディネートをお伝えします。


出典:www.instagram.com


万能棚。和家具ならではのこじんまりとしたサイズ感、ガラスの模様がとても懐かしい。収納方法はアイデア次第。今の暮らしにも、マッチします。



出典:www.instagram.com


戦前の販売用糸入れ。上部に書かれた、糸ブランドの商品名が目を引きます。お気に入りの食器や人形をコレクションする棚としても使えます。



出典:www.instagram.com


こちらの箪笥は蝶番と引き手がお部屋全体の雰囲気にメリハリをつけています。こんなにモダンな白基調のお部屋にも、意外と和家具って馴染みますよね。



出典:www.instagram.com


こちらはカルテケース。棚の位置が自在に変えられるという特性を活用できます。 枕元にカルテケースなんて、と思いますが、これがとても自然に馴染みます。


 いかがでしたか、日本の古家具。 

あなたのお部屋のあそこやあそこにも何だか馴染みそうですよね。和家具を一つ加えるだけで、愛着が湧き、自分だけのお気に入りのスペースを作ることができますよ。

0コメント

  • 1000 / 1000