そばを食べるだけじゃない。古くから愛されてきた蕎麦猪口(そばちょこ)をもっと暮らしに取り入れよう。

Antique Leaves

こんにちは。ANTIQUE COLUMN (アンティーク コラム) 運営チームです。
スタッフが見つけた、アンティークに関する素敵な記事をご紹介しています。

手に持った時にしっくりと収まる、使い勝手が良いこの形は300年ほど前から多くの人びとに愛されてきました。最近は蕎麦を食べるだけでなく、さまざま用途で気軽に楽しめる器として、おしゃれなカフェなどでもさまざまな用途で見かけます。

出典:www.instagram.com


ファンも多い蕎麦猪口。その理由の一つに動物や植物、天体や自然、幾何学模様など、絵柄のバラエティーの多さがあるのではないでしょうか。



出典:www.instagram.com


小鉢として蕎麦猪口に盛られたおかずは、食事をより一層楽しくしてくれます。たくさん持っていたら食材や季節、気分に合わせてみるのも楽しいですね。



出典:www.instagram.com


コーヒーや紅茶などお気に入りの器で。心も体も温まるひと時を。(小皿を合わせてカップ&ソーサーに見立ててもすごくおしゃれ!)



出典:www.instagram.com


冬はおしるこ、夏はアイスクリーム。。普段のデザートタイムも蕎麦猪口でより一層楽しくすることができそうです。



0コメント

  • 1000 / 1000